大分から中津まで、特急ソニックで移動します。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








次なる目的地、中津への移動です。883系電車はいつ乗っても飽きません、かっけーなあっ。大分県の中央地域から北部地域への県内移動ってことになります。今回乗るのは停車駅が少ない速達特急タイプですので、大分の次は別府、その次が中津ですわ。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    883系電車(883けいでんしゃ)は、九州旅客鉄道(JR九州)の交流特急形電車。JR九州初の振り子式車両であり、営業用交流電車としても日本初の振り子式車両である。日豊本線系統の特急の輸送改善と速達化を目的として製造された車両。1995年(平成7年)4月20日より特急「ソニックにちりん」として運用を開始した。「ワンダーランドエクスプレス」や「Sonic 883」などの愛称がある。車両デザインは水戸岡鋭治が手掛けている。1995年10月1日にグッドデザイン商品に選定され、1996年(平成8年)5月31日にブルーリボン賞を、6月21日にはブルネル賞長距離部門で大賞を受賞した。1994年(平成6年)度に1次車7両編成2本、1995年(平成7年)度に2次車7両編成1本、1996年(平成8年)度に3次車7両編成2本、1997年(平成9年)度に4次車5両編成3本の計50両が製造された。2008年(平成20年)には5両編成3本が7両編成化され、それにともなう増備車として1000番台2両(モハ883形・サハ883形)×3本6両が製造、合計で56両のグループとなっている。全て日立製作所で製造された。全車大分鉄道事業部大分車両センターに配置されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ