脇本駅は、秋田県男鹿市脇本脇本字曲田にある、JR東日本男鹿線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




寒風山から降りてくるとこの駅に来るわけで、最寄り駅には違いございませんが、この駅で降りて寒風山に行く人なんざ居ないでしょうな。駅舎は寒風山をモチーフに建てられたものでございます。かつては貨物線、原油輸送の専用線がここから船川港まで伸びていたのですが、2001年に廃止されたのだそうで。その遺構はそこここに残っておりますな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    脇本駅(わきもとえき)は、秋田県男鹿市脇本脇本字曲田(まがりた)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)男鹿線の駅である。かつては石油資源開発の専用線が接続し、そこに申川油田からパイプラインがつながっていた。日本国内唯一(廃止時)の原油輸送が当駅から船川港駅まで行われていたが、2001年にタンクローリー輸送に切り替えられ廃止された。1914年(大正3年)開業以来の木造平屋建て駅舎が100年以上に渡って使用されてきたが、老朽化に伴い2016年(平成28年)9月23日から建て替え工事が始まり、9月28日から仮駅舎での営業となっている。新駅舎は寒風山をイメージした木造平屋建て9.8平方メートルとなり、同年11月29日より新駅舎の使用を開始している。島式ホーム1面2線を持つ地上駅。駅舎とホームは構内踏切で連絡している。1914年(大正3年)に開業した当時からの木造平屋駅舎約120平方メートルがそのまま使用されているが、管轄するJR東日本秋田支社では建て替えを発表し、2017年現在、建て替えが完了している。土崎駅管理の無人駅。2011年3月31日までは男鹿市が業務を受託する簡易委託駅(販売は平日のみ)であった。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ