三峰口駅は、埼玉県秩父市荒川白久にある、秩父鉄道の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






















秩父鉄道秩父本線の終着駅、三峰口駅でございます。丁度この日はSLパレオエクスプレス運転日でございましたので、転車台での機回しを見る客が大勢おりました。御花畑駅で乗車した各駅停車の後続がSLパレオエクスプレスだったので、拙者が三峰口駅に滞在中にSLパレオエクスプレスが到着するというシーンを見れました。この列車には後程乗車することになりますので、周辺をしばし散策した後に各駅停車にて長瀞駅に向かいます。沿線はSL目当ての撮り鉄さんが大勢、線路脇に集結して待ち構えておりますw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    三峰口駅(みつみねぐちえき)は、埼玉県秩父市荒川白久にある、秩父鉄道秩父本線の駅である。埼玉県最西端の駅。秩父鉄道の終着駅であり、その名の通り三峯神社の玄関口である。秩父湖、中津峡などにも近い。また、関東の駅百選の第3回選定駅になっている。「三峰」は旧大滝村の地名であるが、当駅は旧荒川村に位置する。旧大滝村への延長を目指して、1927年(昭和2年)に免許を取得したが、着手に至らず、1936年(昭和11年)に免許失効となった。単式ホーム・島式ホーム各1面の2面3線を有する地上駅。直営駅であり、管理駅として白久駅を管理している。駅舎は単式ホームのある南側に置かれている。北側には多数の留置線と、蒸気機関車運転のための転車台がある。駅北側に「SL転車台公園」(旧秩父鉄道車両公園)が併設されており、「SLパレオエクスプレス」の運転日は間近で転車台を使った機回しを見ることができる。旧公園時代には秩父鉄道で使用された多数の実物車両が展示されていたが、老朽化と施設のリニューアルのため、2019年5月から7月にかけ、すべて解体撤去された。かつては、駅西側の奥に日窒鉱業のホッパー設備があった。16km先の秩父鉱山より索道を使い鉄鉱石や硫化鉱を運び、おもに浜川崎駅まで発送していた。現在も一部を引き上げ線として使用している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ