白井駅は、千葉県白井市復にある、北総鉄道北総線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








北総鉄道北総線の白井駅でございます。 成田スカイアクセス線こと京成成田空港線との共用区間ですが、北総線の車両のみが停車します。島式1面2線、国道464号線中央部の掘割の中に設置されている橋上駅でございます。元々成田新幹線を通す計画だった区間でございます。屋根付きの連絡通路には梨をモチーフとした丸型照明灯が多数ぶら下がっております。周辺は梨の産地で有名ですが、千葉ニュータウンが開発され、北総鉄道の駅が出来たことで様相が一変したのでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    白井駅(しろいえき)は、千葉県白井市復にある、北総鉄道北総線の駅である。島式ホーム1面2線の地上駅で、橋上駅舎を有する。国道464号線に挟まれる形で建設され、掘割の両側から伸びる橋の中央部分に駅舎がある。駅構内にはエレベーターとエスカレーター(上り)1基が設置されている。改札前には売店も設置されている。1979年(昭和54年)の開業当時より自動改札機が設置されている。2001年(平成13年)10月下旬に南北連絡橋が屋根付のものに架け替えされた。照明は天井から白井市のシンボルの梨をモチーフとした丸型照明灯を多数吊下げたスタイルで構成されている。白井市の中心に位置し、千葉ニュータウンとしてベッドタウン化が進んでいる。駅を中心とした計画的な街づくりが行われており、駅周辺はマンションが立ち並ぶなど近代的な街並みが広がっている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ