東我孫子駅は、千葉県我孫子市下ケ戸にある、JR東日本成田線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




成田線我孫子支線の東我孫子駅でございます。変則配置された単式ホーム2面2線の交換可能駅でございます。簡易なホームで幅が狭いのでございます。簡便な駅舎がありましたが現在は撤去されていて駅舎がなく構内踏切で行き来する無人駅でございます。我孫子支線では唯一ここだけがそのようなスタイルなのですが、元々は列車交換のための信号場だった名残のようですな。常磐線天王台駅とは1kmほどしか離れていないので周辺住民はそちらを利用することもあり、この様な扱いがそのまま継続されているのでございましょう。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    東我孫子駅(ひがしあびこえき)は、千葉県我孫子市下ケ戸にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)成田線(我孫子支線)の駅である。列車交換だけの信号場として開設されたが、1950年に旅客駅として開業した。天王台駅が開業するまでは下ヶ戸・岡発戸地域で唯一の駅であった。単式ホーム2面2線を有する地上駅。ホームはいわゆる「列車ホーム」であり、現在の電車の床面よりも少し低くなっている。常磐線天王台駅に近い我孫子方に出口があり、構内踏切で各ホームに連絡している。1971年頃までは2番線ホームの中間部に駅舎・出入口があったため、現在も出口ではなく中間部に停車場中心が置かれている。出口跡には電気関係の小屋があり、そこが駅舎扱いとなっている。出口跡の隣にあるタクシー営業所や向かいの薬局・酒店などがかつて正面玄関のあった場所としての面影を偲ばせる。湖北駅管理の無人駅で乗車駅証明書発行機、簡易Suica改札機設置駅(ホーム我孫子寄りの通路側に設置)。自動券売機はなく乗車時に乗車駅証明書を取り降車駅もしくは車内で精算する形となる。我孫子方面行きホーム側の出口付近に出札小屋がある。通常は無人でカーテンが閉じられているが周辺でも数少ない無人駅であることから不正乗車が行われていることもあり、定期的に特別改札が実施され、時間帯によっては管理駅から駅員もしくは車掌が出張してくる。2018年3月に駅の南口側に新たに駅名の看板が設置された。我孫子ゴルフ倶楽部の最寄駅であることからゴルフをモチーフとした看板になっており、我孫子の「我」の字の点がゴルフボールとなっている。また北側と南側でデザインが異なっており、北側の背景はグリーン部分をモチーフとした絵であり、南側は人工芝を背景として貼ったものである。当駅は北側と南側どちらからでも入場できるが、駅の入口には、普通の踏切とは違い「ここは駅改札口につき通り抜けできません」という看板が設置されている。成田寄りに自動車も横断できる踏切がある。多くの列車が当駅で上り・下り列車の行き違い待ちをする。列車接近時及び上り列車発車時には構内踏切が遮断され、上下ホーム間の行き来が出来ない。当駅の北側に常磐線の天王台駅があり、同駅からの場合電車特定区間(割安な対キロ賃率)が適用される東京方面への乗客は、天王台駅に流れる傾向にある。ただし、現在は新木駅と同様に微増の傾向にある。周囲は住宅地となっている。北西は天王台、北東は下ケ戸、南西は東我孫子の住宅地が広がる。南東方にはゴルフ場「我孫子ゴルフクラブ」が広がる。かつての駅舎前(南側)付近には酒店・薬局・そば店・郵便局などがある。常磐線の天王台駅までは天王台住宅地を歩いて1km程度、手賀沼も1 km程度である。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ