三津浜駅は、愛媛県松山市会津町にある、JR四国予讃線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








予讃線の三津浜駅でございます。相対式2面2線の地上駅で、一線スルー化されております。かつては単式島式複合型2面3線のいわゆる国鉄型配線の駅でございましたが、島式の1線を廃止し撤去して現在の形になっております。痕跡は残っておりますね。他に留置線が1線あり、工事用車両が留置されております。ホーム間は跨線橋で連絡しております。古い木造平屋建ての駅舎が残っており、その中にうどん店が入居しております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    三津浜駅(みつはまえき)は、愛媛県松山市会津町にある四国旅客鉄道(JR四国)予讃線の駅である。駅名標のコメントは「坊っちゃんゆかりのターナー島の駅」。相対式ホーム2面2線(一線スルー)を有する地上駅。本屋側(1番のりば)の線路が通過線(制限速度100km/h)となっている。停車列車も含め、上下線とも行違いがない場合は基本的に1番のりばを通行する。かつては2面3線の形態でだったが、3番のりばの線路が撤去され現在の構造になっている。かつての通票閉塞時代の信号扱い所跡や腕木信号用のケーブル跡などが、典型的な単線区間のローカル駅のたたずまいを残す。平日の午前中に社員が配備されていたが、2010年に無人駅化された。自動券売機が設置されているほか、駅舎の一部でうどん店が営業している。松山市三津地区の玄関駅は伊予鉄道三津駅であることから、駅前は閑散としている。当駅から三津駅までは徒歩15分の距離であるが、伊予鉄バスがループバスを運行している。 平成20年に14階建ての分譲マンションが駅前に建設された後、駐輪場やロータリーなど駅前が整備された。かつては一部の特急列車が停車していたが、その後停車駅から外れた。地元の高校生達が主な利用客である。また、新田高等学校の受験の日には多くの受験生が利用し、大混雑するという現象が起こる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ