新水俣駅は、熊本県水俣市にある、JR九州・肥薩おれんじ鉄道の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。










九州新幹線と肥薩おれんじ鉄道の新水俣駅でございます。九州新幹線の方は、単式島式複合型2面3線の高架駅となっております。肥薩おれんじ鉄道の方はホームが狭い島式1面2線の地上駅で、新幹線の開業に合わせて新設された無人駅となっております。駅舎はなく、構内踏切で新幹線駅構内方面へ連絡しております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. アバター画像
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    新水俣駅(しんみなまたえき)は、熊本県水俣市初野にある、九州旅客鉄道(JR九州)・肥薩おれんじ鉄道の駅である。九州旅客鉄道(JR九州)の九州新幹線が乗り入れており、当駅には「さくら」、または「つばめ」が毎時1 – 2本程度停車する。「さくら」のうち、新大阪駅発着の列車が1日に8.5往復停車している。なお、当駅に停車する「さくら」は熊本駅 – 鹿児島中央駅間は各駅停車となる列車のみで、同区間を速達運転する列車は当駅には停車しない。肥薩おれんじ鉄道線の駅はJR九州鹿児島本線の津奈木駅 – 水俣駅間にあった、初野信号場を肥薩おれんじ鉄道開業と同時に駅へ変更し九州新幹線との接続駅としたものである。新幹線との乗り換え客が少なく肥薩おれんじ鉄道の快速「スーパーおれんじ」は当駅を通過している。また、乗り換えは一旦駅本屋を出る必要があり、JR側の窓口や券売機でも肥薩おれんじ鉄道の乗車券は扱っていない。JR九州-単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ高架駅であり通過列車の待避、および折り返し運転ができる構造となっている。通過線がなく安全のため可動式安全柵が設けられている。みどりの窓口設置の直営駅。駅舎の設計は渡辺誠+西部交通建築事務所。くまもとアートポリス第9回推進賞受賞。駅前広場の「新水俣門」も駅舎の設計者渡辺誠によるモニュメント。分かれ再び融合する枝のようなデザインは、コンピュータプログラムにより発生させた形態をもとにしている。肥薩おれんじ鉄道-島式ホーム1面2線を有する地上駅で無人駅となっている。ホームへは構内踏切を介して出入りする。独自の駅舎はない。ホームはかなり狭い上に貨物列車が通過するため転落防止柵が設置されている。またホームの狭さや踏切動作などの関係で、事故防止のため上下線とも通過列車の最高速度が40km/hに制限されている。当駅のホームは3両編成分の有効長があるが、出水 – 八代間は3両編成の列車が設定されなかったため、3両ゾーンは駅開業以来長らく使用されていなかった。その後2018年3月11日と12日にくまモン3号ラッピング車両の完成と、くまモン生誕祭に合わせた3両編成の特別臨時列車が出水 – 八代間で各1往復ずつ運行され、この時に3両ゾーンが初めて使用された。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ